人気ブログランキング |


THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2010年 08月 14日 ( 1 )

Wet the Princess☆


コンニチワ♪




今朝ジュースを買いに外へ出たら、紫色のドレスを来た女性が家の前で倒れていました。





現実世界に引き戻されたシンデレラか、はたまた毒を盛られた眠れる森の美人か…と一瞬我が目を疑いましたが






絶賛泥酔寝オチ中のキャバ嬢でした…。




しかも明らか小便をお漏らしあそばれていて、コレは声をかけて起こしたほうがイイのか、そのまま寝かせておいたほうがイイのか非常に悩みました。




この状況は横濱の酒護神A-Oパイセンがよくやる泥酔からの寝ションであるパターンなのは火を見るより明らかなワケで。



パイセンの場合は迷うコトなく絶対放置なのですが、いかんせんコチラは女性。


しかも手にはハンドバッグを持っていたので、置き引きにあったり助平な輩にイタズラされでもしたらそりゃあお前さんコッチの寝つきがワリぃやいと江戸弁風でテンションがアガり、起こしてみるコトに。



とりあえず横たわる姫の横を通り目の前の自販機へ。

自分用のジュースと姫用にお水を。




この女性を発見してからここまでの間多分2、30秒程度のコトだったと思うけど、色んなコトを考えた。



ココがジェントルマンシップの見せどころ。


出来るだけ姫が恥ずかしい感じにならないように起こすのが最重要課題。




だがしかし


昨夜の寝苦しさを思い起こさせる程カラッカラに乾いたコンクリートに広がるLake Of Piss。



かなりの上級者テクだがコレを全く気づいていないていでいくか、はたまた『あるよね〜そりゃ呑み過ぎれば誰だってションベン位漏らすよね〜♪オレの知ってる横濱の先輩なんかさぁ〜』とA-O君の話にすり替えるって作戦もあるなぁナドと考えながら自販機に金を入れのボタンを押す。





『ガコンッ!!』


ブタ缶のオレンジジュースが落ちてくる。


早朝にはちょっとウルサめの自販機の音。




続いて2本目。



『ガコガコンッ!!』


500mlの水。


やはりウルサい。






すると背後から物音が。

『ガサッ…』




振り返るオレ。


首だけ起き上がった状態の姫。

一瞬目が合う。


コンマ何秒かで目を背ける姫。

遅れるコト数秒、目を背けるオレ。


この一瞬の間姫は全体を見渡したように見えた。




あの状態だから全ては把握しきれてないにしろ、自分が何か『やっちまってる感じ』とその状況を見ていたオレと目があったコトを瞬間的に察知したのか、恐る恐るもう一度見た時にはオレに背を向けるようにして再び横になっていた。



まるで外界との接触を拒むかのように顔を隠し背を向け微動だにしない姫。






オレも大人だ多少の空気は読める。



彼女のだんまりな背中が発する無言の叫び位察するコトは出来るのだ。





声はかけなくても大丈夫なのだ。






お水もあげなくてイイのだ。







コレでイイのだ。









パパなのだ。







都内随一のゲットー地区と誉れ高い城の南側、東の外れ。


随分と長く書いたが、この街においてこんな光景は別に珍しくもなく、今日もいつもと変わらぬ朝を迎えただけなのだ。




しかしアレだ




目が合った瞬間の姫様





きったねぇ顔してたなwww



さて今日は東京湾、明日は六郷で大華火大会だぜ〜♪



夏かかって来い!!!



TxCxCx$ カツヲ
by YUICHIROtccs | 2010-08-14 12:33 | THE CHERRY COKE$