THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

酒と仲間☆



2004年は"BEER MY FRIENDS"を名刺代わりに活動の幅も拡がった。

先日出演させてもらった"LOW-CAL-BALL"と出逢ったのもこの頃だ。


渋谷を拠点に新しく立ち上げたDJcrewに地元の仲間が入ったことが切っ掛けで出逢った仲間達。

音楽や洋服、スポーツ、アート等アメリカ西海岸のカウンターカルチャーが好きで発信している連中だった。

このLxCxBcrewとの出逢いも今のオレ達を語るには欠かすことの出来ないターニングポイントになった。

バンドやDJは勿論、スケーター、サーファー、スノーボーダー、お笑い芸人、アパレル関係

多くの人種が集まり朝まで呑み倒した。

現在でもLxCxBを切っ掛けに出逢った仲間とは公私共に仲良くしている。



「チェリコ=酒呑み」というイメージがあるヒトも多いかと思うけど、この時期は本当によく呑んでいた。

ビールをピッチャーで呑み、テキーラをカクテルグラスで一気する。

いつの頃からかそんな呑み方はしなくなったが、この時はそんなコトお構い無しで

誰が一番呑めるのか、そんなコトに意地になっていた。


「やけっぱちのシャガレ声」なんてのたまわり今では自分の特徴として付き合っていくしかなくなったこのハスキー声。

コレは完全に酒やけからくるモノ。

チェリコ結成当時から酒を呑みライブをしていたのだが、酷い時はステージ上で吐いたコトもあった。

最悪である。


今でも一番好きな酒はビールだが当時ハマってよく呑んでいたのが"Underberg"(ウンダーベルグ)という酒だった。

ドイツ生まれの薬草酒でアルコール度44%、ハーブやスパイスを抽出して造られる苦味が強い酒。

一本20mlと少量なのだが一気に飲み干すとケツの穴まで熱くなる程の破壊力がありコレをライブ前に何本も呑んでいた。

今思えばただの馬鹿である。

もしハスキーボイスになりたいなんて思うヒトがいたらコレを呑み大声で歌ってれば1年位で完成するだろう。

全くもってお勧めはしないが。


酒での失敗は数え切れない程あるし後悔するコトもシバシバだが、酒を囲み膝を付け合せたからこそ産まれる友情もあると思う。

St.Patrick's Dayのパーティーを毎年開催している"WILD ROVER"の主催HIDETOと出逢ったのもこの時期。

酔っぱらって高円寺の路上で殴りあったコトもあるが、あの日から今でもコトある毎に力を貸してくれる大事な仲間だ。



以前も書いたがTHE CHERRY COKE$はホームというモノを持たず色々なシーンを行ったり来たりして来た。

パンク、スカ、ラスティック、サイコビリー、レゲエ、ヒップホップ、ワールドミュージック、西海岸系メロコア、ハードコア、ミクスチャー等それこそジャンルの垣根を越えて皆仲良くしてくれた。

そんな全ての要素でチェリコの音楽や繋がりは構成されている。


やはり最終的には仲間の話になるのだが、コレは今までもそしてコレからもチェリコにとって必要不可欠な要素だと思っている。



この前企画した"PARALLEL OCEAN"もそうだが、始めから上手くいくモノなんてそうそう無い。

正直お客さんも割れたし問題点も指摘された。

もしもチェリコの動員で来て寂しい思いをさせたヒトが居たならそれはオレ達の力量不足だと思う。


ただ、オレ達はそこで発生する化学反応や派生する輪があるコトを知っているし、この14年間そうゆうコトを繰り返して仲間が増えてきた。

1つの場所に留まっていたら決して出逢うコトの無かった友達が沢山出来た。

PARALLEL OCEANでも少なからず輪は拡がったと思ってるし実際に嬉しい光景を何度も目にした。

演者同士も連絡先を交換したり、この前のライブには早速BORNのVo.猟牙君が遊びに来てくれたりもした。



昔と比べると有難いコトにライブへ来てくれるお客さん、CDを買ってくれるヒトも増えたし名前も憶えてもらえるようになった。

しかし好きになってくれるヒトが増えれば嫌いになるヒトが増えるのも事実。

後ろ指を指されたり誤解をされるコトもある、昔の方が良かったなんて言われるコトもある。


だけどねオレ達は、と言うかバンドは皆そうだと思うけど今が一番カッコイイって信じてやってると思う。

どうしたらもっと良くなるかなってコトだけをいつも考えてる。

だから今の自分達を評価してもらいたいし、最新の音源を評価してもらいたいんだ。



昨日Facebookで「チェリコのライブ前に流れてるBGMは誰ですか?」って質問をもらった。

こうゆうの凄く嬉しい。

一歩踏み出すコトによって拡がる世界、繋がる仲間がまだまだ沢山居て、そうゆうコトでオレ達も成長して行くと思うから。



このブログを通してチェリコってバンドの歴史を知ってもらうと共に、何故チェリコがこうゆうコトをするのかとか

こんな繋がりがあるんだとかも知ってもらえたら嬉しいなと思う。


今日はヒストリーとはチョットずれちゃったけど、次回は2005年の出来事を書きたいと思います。






そして明日は仙台でMERRYのゲストに喚んでもらっています!!



"MERRY" NEW SINGLE『ZERO -ゼロ-』発売記念 TOUR2013-2014 「devour act 3」 -CHAOS-


2013.12.08 [Sun] 仙台CLUB JUNK BOX

ACT
■MERRY
■THE CHERRY COKE$

TIME
開場 : 17:15/ 開演 : 18:00

TICKET
前売 : ¥4,700/ 当日 : ¥5,300/ DRINK :¥500

チケット購入
P-CODE 210-138 L-CODE 23973


今日はこの後Ustream配信もあります。

最終日の今日は戻ってきたアノ子も登場します!!

是非チェックしてください☆




赤坂BLITZまで後16日!!!

c0107763_20375457.jpg
c0107763_2038585.jpg



LIVE情報→ www.thecherrycokes.jp


KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-12-07 20:37