THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

KAT$UO official twitter

検索

タグ

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Go this way☆


この頃レコーディングは終盤に近付いていたが急遽MASAYAもリードギターを録るコトになった。

やがてその作業も終わり、それと同時に1年近くサポートをしてくれたSHIGELがTHE CHERRY COKE$を抜けるコトに。

サポートだから脱退というワケではないが、1年近く一緒に活動しチェリコを愛してくれたメンバーが居なくなることは

想像以上に寂しいモノがあった。

SHIGELは同い年ながらも兄貴肌で面倒見のいい男で、MASAYAへの引き継ぎも最後までシッカリと務めてくれた。


2人が交代するステージは下北沢SHELTER。

別れの寂しさと今までの感謝、そして新しいスタートへの期待が入り交じったこの日のライブは今でも鮮明に覚えている。



こうして新たなスタートを切ったTHE CHERRY COKE$。

それから間もなくプレス発注をしていた7inchレコードが手元に届いた。

100枚がクリアレッド盤、200枚が通常の黒盤。

300枚という少数だったけど、初めて手にした自分達の音源には凄く興奮した。

ジャケット作成は全て手作業。

表は絵具を使い手描き、裏ジャケはメンバー1人づつポラロイドカメラで撮影したモノを張り付けた。

コレを品川駅前のキンコーズに持ち込み皆でコーピー、裁断し1枚づつ袋詰め作業。

こうして出来上がったTHE CHERRY COKE$初となる音源は"Go this way!!"というタイトルのもと

\777という面倒臭い値段が付けられリリースされた。


と言っても当時はレーベルにも事務所にも所属していなかったので販売はライブ会場での手売りのみ。

ただ、前にも書いたがこの時はそれほどライブ本数が多くない。

音源が出来上がっても売る場所が無い。



以前よりデモテープを持ち込みイベントをやらせて欲しいと都内のライブハウスを回っていたが

知名度も無ければブッキングにも出ないバンドにそう易々とイベントは打たせてはもらえなかった。


そんな時に新宿ANTI-KNOCKで当時店長をやっていた三浦さんが「面白そうじゃん、企画書送ってよ」

と受け入れてくれて、この"Go this way!!"のレコ発パーティーを打たせてもらえるコトになった。

確かこの時は15バンド位を呼んで昼過ぎから翌朝までのブッ通しのイベントになった。

こうしてライブ会場でレコードを売り、手擦りのTシャツを作り販売しながら徐々に活動の幅を拡げていった。


ちなみにこの新宿ANTI-KNOCKで当時店長をしていた三浦さんは現在渋谷CYCLONEと最近オープンしたGARRET宇田川のオーナーであり

この時からCYCLONEに移った今でも何かとオレ達のコトを気にかけてくれて、

コトある毎に手を貸してくれるチェリコにとっての恩人である。

14年間様々なシーンを渡りながら来たオレ達には所謂ホームと呼べるハコが無いのだけど、

もし1つ挙げるとするならば三浦さんの居るハコと答えると思う。



続く…



赤坂BLITZまで後25日!!!

c0107763_23591333.jpg
c0107763_00110.jpg



LIVE情報→ www.thecherrycokes.jp


KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-11-30 00:01