THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

KOYAとの出逢い☆

コンバンワ!!

記事へ対してのコメントやRT、記事のシェアなど本当にありがとうございます!!

自分で言い出しておきながらも不精なオレが1ヶ月間毎日blogを書き続けられるのだろうかと少し不安になっていたのですが皆さんの暖かい反応に励まされ今夜もポチポチとキーボードを打っております。

時系列に沿ってなるべく分かり易いように書いていくつもりですが、なんせ記憶が曖昧なトコや酔っ払っていて覚えてないコトも多いので多少前後するコトもあるかと思いますがどうぞ寛大な気持ちで読んで頂けたらと思います。

それでは前回の続きを。




-KOYAとの出逢い-


確か2度目のライブで初代ギターのYUTAが抜け、変わりにSHITのギターだったSHIGELがサポートで手伝ってくれるコトになった。

当時は今と違って月に何本もライブがあった訳じゃなく、2、3か月に1本あれば良いペース。

所謂ブッキングというライブハウスが主催するライブには出なかったので友達の企画するイベントが主な活動の場所。

HIROMITSUが他でやっていたバンドの知り合いやその伝で徐々に友達を増やしていくやり方だった。

初ライブから間もなく、今は無きパンクロッカーのバイブルとも言える音楽雑誌"DOLL"でトランペットを募集した。

今ではネットが普及しSNS等で見知らぬヒトとも気軽に知り合えるけど、

その頃はスタジオやライブハウスまたはこういった音楽系雑誌などの投稿でメンバーを募集するのが当たり前だった。

勿論住所やケータイ番号もそのまま雑誌に掲載。

この時何件かの応募があったのだけど、一番最初にやって来たのはコーンローヘアーにLAレイカーズのデカ目のビブスを着た100m向こうからでもソレと分かるようなBガールだった。


しかもVocal希望。



あれ?

…えっと、オレ達が募集をかけていたのはトランペットで…しかもパンクロックを主体とした…


あまりにも違う方向から飛んで来た変化球にそんなコトを言える空気でもなく、その日はBガールと不思議な時間を過ごして終わった。

勿論その後彼女からの連絡はなかったしコチラも連絡はしなかったと思う。


そうこうしているうちに当時まだ専門学校に在学中だったKOYAから連絡が来た。

今回は事前に確認した。

間違いなくトランペット志望らしい。




初顔合わせは目黒区、東急東横線都立大学駅前。

迎えに行く約束はしたけどオレとHIROMITSUはKOYAの顔を知らないし向こうもオレ達の顔を知らない。

確か夏場でオレはリーゼントにアロハシャツ、HIROMITSUはモヒカンにタンクトップみたいな出で立ち。

駅の改札に着くと明らかトランペットが入ってると思われるハードケースを持ったメガネでロン毛のオシャレな男が立っていた。

それでも確証が無かったオレ達は何度か彼の前を行ったり来たりして様子を伺った。

しかし一向に声をかけてこない、どころか目も合わせてこない。

約束の時間は過ぎていたしコレはさすがに違うのかなと思っが帰る前に念の為一度声をかけてみようと思い、話しかけてみるとやはりKOYA本人だった。



KOYA本人の後日談によると、来た瞬間一発で気付いたけどあまりにも見た目に品が無かったので声をかけられなかったらそのまま帰ろうと思っていたらしい。

ちなみにKOYAは当時DUBやREGGE、SKA等の音楽にドップリで今考えても何故あの時チェリコに入ろうと決心したのかは分からない。が、

兎に角こうしてめでたくトランペットとしてKOYAが加入するコトになりバンドのサウンドは更に華やかになった。


余談だけどKOYAが何故"ミツヲさん"と呼ばれているのか不思議に思っているヒトも多いと思う。

コレは彼の初ステージの時にオレが間違えて紹介したのが原因。

加入してすぐに初ライブだったと思うんだけど、その当時は確か苗字で呼んでいて、

しかしライブでメンバーを紹介するのに苗字は違うなぁと思い咄嗟に名前で紹介しようとしたところ

光也と書いてKOYAなんだけど、うろ覚えだったオレは

「ミツヤ?ミツナリ?ミツヲ…ミツヲだ!ヨロシク!!」なんて適当なコトを言ったのが始まり。

何故かあの日から今に至るまでずっとミツヲさんと呼び続けている。

本人は頑なにKOYAで通しているが今となってはメンバーの誰一人としてKOYAと呼んでないのが

自分のせいであるにも関わらず少し不憫に思う。



この時のメンバーは

Vo.KAT$UO
Ba.HIROMITSU
Gt.SHIGEL
A.sax.RIE
Tp.KOYA
Dr.MOCCHIの6人。


そうこうして何本かのライブを重ねていた頃、KOYAが専門学校の卒業旅行でヨーロッパへ行くコトに。

その時HIROMITSUへのお土産として買ってきたのが今まさにKOYAが担当しているティンホイッスルという楽器だった。



2000年春のコト。


続く…

赤坂BLITZまで後30日!!!

c0107763_20542793.jpg
c0107763_2054383.jpg


LIVE情報→ http://www.thecherrycokes.jp/


KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-11-24 21:40