THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

UNFINISH☆

コンニチワッ!!

先日もFBでちょこっと載せたけど皆さん"UNFINISH"という名前をご存知でしょうか?
一般住宅からショップや家具まであらゆる建物の内装を手掛ける職人集団。

コレがもの凄くカッコイイんだけど、中でも"エイジング"の腕はピカイチ。
簡単に言うと、まるで昔からソコに存在していたかのような風合いを出す加工のコト。

サーフィンやモーターサイクル、様々なストリートカルチャーにドップリ浸かった主宰の中嶋氏の経験とセンスが裏打ちするUNFINISHの世界観はこういった無骨な"不良カルチャー"に惹かれる男子にはドストライクなモノばかり。

そんなUNFINISHは内装業とは別にアパレルもやっていて、もちろん生粋の職人なので洋服に対してのこだわりも半端じゃない。

一朝一夕では表現することの出来ないバックグラウンドから滲み出るアイテムの数々は、昔からコノ道でやっている人達をも唸らせる程の説得力とクォリティー。そして流行に流されないオリジナリティー。

先日UNFINISHの事務所にお邪魔した時ここら辺の話を中嶋氏にジックリ聞いたんだけど、内装も洋服もモノ造りに対してのポリシーがカッコ良くてとにかくツッパってんだよね。

洋服で個性を出そうとするとどうしてもデコレイティブになりがちだけど、ジーンズにTシャツをサラッと着て自分を表現できればそれが究極にカッコイイと思うし、デザインも大切だけどそれより素材やサイズ感、縫製がシッカリしてたらシンプルでもオシャレに見えるよね。

とにかくコレから薄着になるシーズンだし、男子諸君には是非一度チェックしてもらえたら嬉しいな!!

また随時紹介していくけどHPとかもチェックしてみてね☆

Products
c0107763_1117096.jpg


LOWRISE FIT DENIM
c0107763_11172115.jpg


UNFINISH中嶋氏
c0107763_11172346.jpg


c0107763_11193228.jpg


UNFINISH homepage

D.G.U.J!!!

TxCxCx$ カツヲ
[PR]
by YUICHIROtccs | 2012-06-20 11:25

49ers☆



大阪の公務員TATTOO問題。


オレも腕や足、背中や肩に幾つかのタトゥーをいれてる。

好きが高じてタトゥーマシーンを購入し自分の足や人様の体に刺したこともある。


初めてタトゥーを入れたのは確か16歳の時だったと思う。

映画「STAND BY ME」のワンシーンに憧れて友達と彫り合った。

太めの刺繍針を3本、割り箸に挟み糸で固定して市販の墨汁で彫ったタトゥーと呼ぶにはお粗末すぎるモノ。

当時大好きだったNBA選手のマイケル・ジョーダンが胸に入れていたオメガのマークと
単にアメ車やそういったカルチャーが好きだったのでHOT RODという文字を入れた。

直径5cm程の小さいモノだったけど当時はソレでも誇らしかったんだよね。

それから2~3年たった頃、昔隣町の中学に通っていて顔馴染みだったヒロミツと久々に再会したら
なんとヤツの肩に綺麗な鳳凰のタトゥーが入ってるじゃない!

コレは衝撃だったね。

それまでも何度となくスタジオに行きタトゥーをいれようと思っては踏ん切りがつかなかったオレは悔しさと感動で震えたよね(笑)

そん時にヒロミツが言った言葉が「やらずに後悔するなら、やってみて後悔したほうがイイかなと思って」って。



感の良いチェリコフリークスは気付いたかもしれないけど、後に彼とバンドを組んで出来た"49ers"って曲のサビはこの言葉がきっかけなんだよね。

歌詞の内容はまたちょっと違うんだけど核となるメッセージは間違いなくココから来てる。

この言葉にはホントに電撃が走ったよ。

それまで憧れと現実は少し別のコトだと考えていたし、例えば自分がイメージするカッコイイ自分になるには
素直にそこに向かえばイイ筈なのに、答えは見えてる筈なのに何かと理由をつけて遠回りしたり逃げたりしていて。

コレはタトゥーや外見に限った話じゃなくて中身もそう。


とにかくちょっと迷いを吹っ切る言葉だったわけ。

で、とりあえずソッコーでタトゥーいれに行ったんだけど(笑)

この時にオレは「あぁコレで区役所とか学校の先生とかにはなれないんだな」って思ったの。

公務員どころかマックやケンタもダメだろうなって思った。

特に公務員やファストフードの店員になりたかった訳じゃないんだけどね、なんとなくそう思った。


それでもオレはタトゥーをいれることを選んだからいずれコレが原因で後悔することがあっても、
それは自分が選んだ道だからしょうがないなと。

それよりもこのタトゥーを後悔しないような人生を送ろうと、大袈裟だけどガキなりに決心した。

それから現在に至るまでタトゥーもだいぶ増えて、不自由や申し訳ない気持ちになったコトはあったけど後悔をしたことはないよ。




で、ちょっと前置きが長くなったけど本題の大阪の公務員の話ね。

コレはオレの個人的な考えだから共感出来ないヒトも沢山いるだろうけど。


「まぁダメだろうな」と思う。


こんなオレでも役所に行ってタトゥーのはいった担当者が出てきたら驚くし、ずいぶんポップじゃねーかと思うよ(笑)

個人的には半袖になっても隠れるトコにはいってるならイイとは思うんだけど。

もし全裸にされて調べられて、見えないとこだけどダメですよって言われたらソレもしょうがないかなって思う。

それで泣きを入れるなら、それはちょっと覚悟が足りなかったんじゃないかなと。

しょうがない、別の道を探そうぜと。


やっぱその位リスキーなモノだよね、タトゥーは。

ましてや今の時代タトゥー位でガタガタ言うのは時代錯誤だなんていうヤツのほうが現状を見えてないと思う。

この国はまだまだそんなに寛容じゃないよ。

堅苦しい話をするつもりも自分の考えが正しいコトを前提に話してるわけでもないけど、近頃いろんなことが一緒くたになりがちだと思う。

公務員が不祥事を起こせば人様の税金で何してやがると言い、タトゥーは擁護するが税金は払わない。

もちろんちゃんとしてるヒト達のほうが沢山いると思うし、こんな容姿の人間が偉そうに言えることじゃないけど。

自分達のアイデンティティーを信じて貫くには冷静に状況を見極めるのも大切なことだと思う。

バンドマンにはタトゥーをいれてる人間も多いし、それに憧れてタトゥーをいれたいと思うヒトもいるでしょ。

だからこそオレ達みたいなのは冷静に意見しなきゃいけないなって思うし、カッコ良くいなくちゃいけないなと思う。



バンドマンだからタトゥーが見えても関係ないじゃんと思うかもしれないけど、オレ達も隠さなきゃいけない時は隠すよ。

タトゥーはいってることを知ってるヒトの前でも、親戚の前でも、少しでも気になるヒトが居るなら隠すよ。

不思議に思うかもしれないけどバンドの仕事でも隠すことはあるよ。

でもタトゥーって自分を表現するものだったり信念だったりするモノだから出てたって隠してたって変わらないよね。

以前RadiotsのYOSHIYAさんも言ってたけどオレ達は知らずのうちに相手に威圧感を与えてるコトもあるから。

信念なんてものは自分の心の中にあればいいモノで、ヒトに説明したり説き伏せたりするものじゃないでしょ。


もしコレからタトゥーをいれたいと思ってるヒトがいるならもう一度様々なリスクを考えて、この先の生活の何らかの局面で辛い思いをすることが
出てくるかもしれないってことを考えてみてよ。


タトゥーで仕事をクビになるより、仲間との旅行で自分にタトゥーがはいってることで行きたい場所を仲間が我慢してるほうが辛い場合もあるぜ。

色んな状況、色んな環境があるけど、全ては自分の人生。

覚悟と責任があれば何だって出来るし何者にだってなれるんだってね。


オレはタトゥーが好きだよ。

長い歴史があっても現状この国ではマイノリティーなカルチャーなのかも。

まずはタトゥーをいれてる人間がカッコ良くいたら少しづつ変わっていくのかなぁなんて。


そしたらいずれ橋本さんが「TATTOOいれたいから市長やめます」って日が来るかもしれないよね(笑)
[PR]
by YUICHIROtccs | 2012-06-09 02:35