THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

FUJI ROCK '05 Spider Stacyとの出会い☆チェリコ物語



自分達の不出来なライブに肩を落としていた頃、時計は既に深夜0時を周っていた。


風呂へ行く者、寝る者、酒を呑む者、各々が別行動をとっていた。

テントへ戻っても過酷な傾斜と先程のライブを引きずり寝付くコトも出来ない。



そんな中HIROMITSUと何人かの仲間が駐車場付近にいると、背の高いスラッとした外国人を発見した。

どうやら周りのヒトに道を尋ねていたようだ。

HIROMITSU達はその外国人男性へ駆け寄り声をかけた。





その男性とは、先程までホワイトステージで多くの酔いどれを狂喜乱舞させていたThe POGUESのホイッスルプレイヤー"Spider Stacy"その人だった。

オレはこの後HIROMITSUにスパイダーが近くに居るコトを教えてもらい逢えたのだが、その間の出来事は分からないので後に聞いた話を元に書いていこうと思う。




HIROMITSUがスパイダーに近づいていった時、彼はすぐに相手が自分に好意のある人間だと気付いた。

何故ならその時HIROMITSUが着ていたコート、コレはポーグスの1stアルバム"Red Roses for Me"の裏ジャケでメンバーが着用していたモノと同じ形のコートだったからだ。

そこからコートの話、ポーグスへの想いや今日ライブを観たコト、自分達もライブをしたコトなどを話し、手元にあったCD"BEER MY FRIENDS"を渡した。

その際快く連絡先を交換してくれたらしく、今でもHIROMITSUはスパイダーとメールのやり取りをしている。

このなんとも信じ難い出来事にオレ達は興奮し、落ちていた気分を一時忘れるコトが出来た。





そして昨日のブログでは書いていなかったが、実はこの年オレ達にはもう1つフジロックのステージが用意されていた。

それはフジロック・オアシスエリア内にある"HMV"さんのブース。

ここは本編へ出演するアーティストがプロモーションやトークゲストに来たりアコースティックライブが出来るスペースがある。

なんとその場所でルーキーながらアコースティックライブを演らせてもらえるというコトになった。

確か2,3曲演奏したと思うが、間近でフジロッカー達に見守られながらの演奏、しかもM-ON TVで流れるというコトもありかなり緊張したのを覚えている。


新人ながらこうした場を用意してくれたコト、フジロックというバンドマンなら誰しもが憧れるであろう舞台、興奮と感動そして挫折。

結成6年目の若造達に多くのコトを学ばせてくれたBULLIONには今でも本当に感謝している。





こうして初のフジロック出演を終え東京に戻ったオレ達は新作リリースへ向けての準備段階に入っていた。

まだまだ残暑の残る暑い季節。

残りのレコーディングを終わらせその後CDのデザイン等を打ち合わせしたり、ツアー日程を組んだり。

ジャケットの製作もレーベル所属のデザイナーさんが力を貸してくれてスムーズに進んだ。


そんな中またもやHIROMITSUが嬉しい話を持ってきた。

なんと、フジロックで連絡先を交換したポーグスのスパイダーがオレ達のニューアルバムにコメントをくれると言うのだ。


この時の驚きと感動は相当なモノだった。

オレ達みたなバンドにとっては神様みたいな存在というか、雲の上の更に上の太陽みたいな存在のバンドな訳で。

そんなバンドのメンバーが日本の名前も売れていないバンドにコメントを書いてくれるなんて、今冷静になってよく考えてみてもやはり凄すぎるコトだ。





こうしてブックレットの1ページの見開きにスパイダーがくれたコメントを載せ、ジャケットには日本の船と地図、バンド名には贅沢に金の箔押しを乗せ

2005年10月10日、BULLION recordsよりTHE CHERRY COKE$史上最多収録曲数となる2枚目のフルアルバム"ROUSE UP"が発売された。


確かリリースツアーというモノをやるようになったのはこの頃からだったと思う。

この年は他にも9月の終わりにFLOGGING MOLLYの再来日があり再びサポートアクトをさせてもらったり、福島をはじめいくつかのフェスにもよんでもらった。




2007年、THE CHERRY COKE$はBULLIONからリリースされた2枚のアルバム

"BEER MY FRIENDS"と"ROUSE UP"を名刺代わりとして東京から活動範囲を日本各地へと拡げライブを重ねていくコトになる。






クリスマス前というコトで今日はオレ達の敬愛する"The Pogues"の名曲"Fairytale of New York"でお別れ。

是非聴いて下さい。



【The Pogues Featuring Kirsty MacColl - Fairytale Of New York 】





「無敵で不敗の音楽だ。他の誰にもこんな素晴らしい音楽作れない。

チェリーコークスは音楽的手腕と生々しい凶暴性を上手く混ぜ合わせていて

これを聴けばアパートの壁は壊れて、家具はきっと粉々になってしまうだろう」

Spider Stacy / The Pogues



赤坂BLITZまで後11日!!!

c0107763_2150066.jpg



LIVE情報→ www.thecherrycokes.jp


KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-12-12 21:52