THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

初のTV出演☆



こうしてSUZUYOが加わりバンドは新たに動き出した。

この時"BEER MY FRIENDS"のレコーディングは終盤に近づいていたが

引き継ぎの為RIEが残ってくれて彼女のサポートの元SUZUYOもA.saxを録り、やがて全ての工程を終了。

初めてのアルバム製作にしてTHE CHERRY COKE$史上最も長いレコーディングなった。





話は少し遡り2002年冬、12月に入りクリスマスムード全開の新宿。

オレ達は初台WALLでのライブを終えHIROMITSUや何人かの仲間といつもの様に山ノ手線で帰宅しようとしていた。

しかし酒が入っていたコトもあり品川方面へ向かうはずが反対方面へ向かう電車に乗ってしまった。

池袋辺りで間違いに気付き外回りの電車に乗り換えた頃には終電も間近になっていた。

すると仲間の一人が酒と電車の揺れにやられ気持ち悪くなったので一度下車するコトに。


そこは出発地点と同じ山ノ手線新宿駅ホーム。

急いで降りたものの便所まで間に合わず駅のホームでもどしてしまった。

オレ達は座り込む彼の背中をさすったりしながら介抱していると一人の男が近づいてきた。

鳶職のような格好をしたその男も多分酒を呑んでいたと思う。

薄ら笑いを浮かべた男はオレの顔数十センチのところまで顔を近づけてきた。

まるで汚いモノを見て蔑んでるかのようなその顔に怒りが込み上げてきたオレはその男に

「何見てんだこの野郎!!」と言った、次の瞬間男の拳がオレの顔面に飛んで来た。



全く意味不明だったがオレは反射的にその男を一発殴り返していた。

HIROMITSUも咄嗟に蹴りを入れた。



終電間近の新宿駅、直ぐに人集りが出来、周りに居たヒト達が止めに入った。

気付いた頃には男はその人集りを掻き分け逃走。

時間にしてどの位だったか覚えていないが、しばらくすると「非番の警察官」を名乗る男が

「たまたまホームに居合わせたんだけど詳しく話を聞かせて欲しい」と言って近寄って来た。

オレ達はありのままを話し、近くで一部始終を観ていたサラリーマン風の男性もオレ達の正当性を証言してくれた。


気が付くと想像以上に騒ぎが大きくなっていて制服を来た警察官20人以上に取り囲まれている状況。

この時はまだ内心「たかだた酔っ払い同士の喧嘩で警察官がこんなに集まってくるなんて新宿は凄いなぁ」なんて呑気なコトを思っていた。

すると遠くの方から先程のガテン系男が何人かに取り押さえられて連れて来られた。

警察官に加えスーツを着た刑事までがオレ達を囲み「とりあえずココじゃ騒ぎが大きくなるから署まで来て欲しい」と言ってきた。


上記した様に時間は終電間際、「帰りに家まで送ってくれるなら行ってもイイ」と伝えると刑事は「分かった」と返答。

こうして新宿署まで行ったオレ達はその30分後には手錠をかけられていた。

全く意味が分からなかった。

殴られたから殴り返しただけのコト、もちろん正当防衛だと思っていた。

なんなら医者代位もらえるモンだと思っていた。

ソレが罪状、時間を読み上げられ手錠をかけられている。

いくら説明されても納得いくはずも無くかなりの時間ゴネたが結果は変わらなかった。

どうやら相手の男はコチラ側が突然殴りかかり一方的に暴行を加えられたと証言していたらしい。

更にはオレが放った一言が発端で更には過剰防衛だと判断された。


やられたらやり返す。それが正しいかどうかは場合と状況にもよる。

道徳的にはきっと無しなんだろう。

結果、冷静に考えれば間違いだったんだろうなとも思う。

しかし20歳過ぎの血気盛んな年頃、いきなり殴られたらそんなコトも考えられず殴り返してしまうモノじゃないかなとは今でも思う。



こうして納得のいかぬままオレとHIROMITSUは留置所に移送され拘留されるコトになる。

結局起訴はされず前科が付くコトも無かったが2週間近く留置されてレコーディングにも穴を開けメンバーにも迷惑をかけた。



釈放されたその日は皮肉にもクリスマスイブ。

留置所から家に帰る途中、友達から電話が入った。

「家に帰ったらテレビつけてみろ!お前ら出てるぞ!!」


夕方過ぎのニュース番組内の特集「鉄道警察密着24時"新宿駅で荒れる若者"」


モザイクがかけられ音声も変えられているが明らかにオレとHIROMITSUだ。

しかも完全に悪者に仕立て上げられている。


カメラなんて撮られていた記憶もなかったが、よくよく考えてみれば「非番の警察官」を名乗る男は肩からカバンをかけていて

彼に話したコトが流れていた。

こうしてオレ達は初となるテレビ出演を果たした。



もう10年以上も昔の話で今となっては武勇伝の一つにもならない笑い話だが

近頃流行った「やられたらやりかえす、倍返しだ」なんて言葉を聞く度に、捉え違えると捕まるぞと言いたくなる。




続く…。

赤坂BLITZまで後20日!!!

c0107763_23195349.jpg
c0107763_2320362.jpg


LIVE情報→ www.thecherrycokes.jp


KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-12-03 23:19