THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

バンドとお金☆

2002年に入ると徐々にライブ本数も増えてきた。
この頃の主な活動の場所と言えば渋谷だとGIG-ANTIC、新宿だとANTI-KNOCKやURGA、DOCTORなどが多かった。
BARROW GANG NIGHTで繋がった仲間から更に仲間が増え、イベントもボチボチ打てるようにはなったが
当時はお客さんと言っても殆どが友達で、毎回電話やメールで遊びに来てくれるようにお願いしていた。

駆け出しの頃というのは例え友達のイベントと言えどもノルマというのがあった。
1バンド10~20枚のチケットを受け持ちそれを捌く。金額にして毎回3万~5万位のノルマ。
しかし上記したように殆どが友達でしかもコチラから来てくれとお願いしているので、なかなかお金も取れない。
声を掛け過ぎて多い時には7万位の自腹を切ったコトもあった。

いつの頃からか出演料を貰いライブが出来るようになったが、この頃はライブをやる度にお金がかかるモノだと思っていたし
それ程疑問にも思っていなかった。

もしこのblogを読んでくれているヒトの中に今バンドを組んでいて、この頃のオレ達と同じ状況で
悩んでるヒトが居るなら、諦めずに続けて行けばギャラは貰えるようになるよと伝えたい。

しかしお金はバンドを続けて行くか、夢半ばで諦めるかの天秤にもっとも大きく関わる問題。

音楽が好きだから、女の子にモテたいから、好きなバンドマンに憧れて、自分の世界を音楽で表現したいから…。
バンドを始める切っ掛けなんて幾らでもあると思うけど、仲間と一緒に同じ目標の為に動き出し
時間をかけ、お金をつぎ込み。
いつの間にか目標が高くなり、やがて沢山のヒトの手を借り…。
バンドを始めた筈なのにいつの間にか会社を経営しているような感じになってるんだよね。
コレはネガティブな意味合いではなくてね。

バンド活動はお金がかかる。始めのウチは練習するにもライブをするにもお金がかかる。
コレはしょうがないコトだと思う。未来への投資だと思うしかない。
しかし今度は本気になればなるほど、そのお金も時間も更にかかるようになる。
振りかえれば今まで払って来た犠牲が背中を押し、後戻りも出来なくなっている。

きっと長く続けているバンドは幾度となくこうゆう決断を繰り返して来たと思う。
しかしソレでも続けているというコトは、そんな色んなモンを乗り越えて来てるんだよね。

右も左も分からないただの酒飲みやパンクスがいつの間にか音楽ビジネス、エンタメ業界ってモノに足を踏み入れてて
気が付けば多くのヒトを巻き込んでいて。

チェリコで言えば7人で始めた会社。誰が社長ってコトもない、7人協同出資の小さな会社。
乗り越えてきた壁の数だけ大事にしたくなるし、背負った荷物の数だけ愛おしくなってくる。

お客さんにお金を払ってライブに来てもらう、コレは本当に大変なコトだと思う。
実際オレもこうして毎日blogを書いている裏には、1人でも多くのヒトにTHE CHERRY COKE$というバンドを知ってもらいたい、ライブに来て欲しいという想いがある。
コレは現状に満足していない限り、そして続けて行く限り付いて回る問題。

このTHE CHERRY COKE$という小さな会社をデッカく、そしてもっと皆から愛されるモノにしていく為に今日も無い知恵振り絞ってる。

そしたら謎な内容のblogになって来て終わりも見えないので今日はココで強制終了。
要はバンドでも他の違うコトでも、同じコトを一生懸命続けてると知らないうちにいぶし銀が効いてイイ感じになってるんじゃねーかなって思う。
頑張ろうぜバンドマン!

赤坂BLITZまであと24日!!!

c0107763_23414768.jpg

c0107763_23415266.jpg




KAT$UO
[PR]
by YUICHIROtccs | 2013-11-30 23:39