THE CHERRY COKE$のVO.KATSUOのLogBook


by YUICHIROtccs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

KAT$UO official twitter

検索

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

OVER ARM THROW☆

c0107763_0302677.jpg



コンバンワ!!


先日は横浜BLITZへOVER ARM THROWの"Songs"tour Finalを観に行って来ました♪

先ず始めに、横浜という場所は関東近郊の土地勘に明るくないヒトでも名前位は聞いたコトがあると思うけど、言わずと知れた港町。

故に欧米や中国等の異国文化と日本の文化が入り混ざり独特な空気感を持つ街なんだよね。

食や生活もそうだし独自の若者カルチャーや大人達のダークサイドな部分も色濃く混在し、その"危なっかしさ"や"とっぽさ"が垢抜けない男心をくすぐる。

ちなみにオレの住んでいる大田区という場所は23区内で最南部に位置する東京の外れ。
神奈川との県境で左手に東京湾を見て川を1つ渡ればクラブチッタのある川崎。
車でも国道15号線で一本、特急電車で言えば、大森⇒蒲田⇒川崎⇒横浜となり、渋谷や新宿へ行くよりはるかに近く行き易い場所なんです。

そんな所で育ったオレからすると横浜という街は一番近い"ハイカラ"な街でちょっとした憧れすらある訳で、昔から仲間や親戚が住んでいたコトもあり馴染みもある大好きな場所なんだよね。




そんな個人的にも大好きな街横浜を代表するバンドの1つであるOVER ARM THROW。

音楽はモチロンのコト、中身もハンサムなチャッキチャキの浜っ子。

約半年間69本のロングツアーのファイナル。
その大切なステージをサポートしたのが、Stompin' BirdとNUBO。

両バンド共に言わずと知れたレペゼン横浜の顔役。

この2バンドもまた外見(音楽)も内面も本当に素晴らしいバンドなんです。


そんな横浜出身の3バンドが地元で、しかもブリッツでやるとなったらきっとかける想いも相当なモノだったと思う。


オレは用事を済ませてから向かったのでStompin'とNUBOには残念ながら間に合わなかったんだけど、先に行っていたミツヲさんの話を聞く限り最高のステージだった様子。

ブリッツのキャパが何人なのか詳しくは分からないけど、あれだけの大箱が彼等の旅の終わりを祝う為に集まったヒト達でパンパンに埋め尽くされていました。

2階の関係者席も殆ど埋まっていたんだけど、顔馴染みのバンドマンも沢山来ていてそんなトコからもOxAxTの人柄が伺えるよね。


ライブが始まるやいなやモッシュやクラウドサーフの嵐で、横浜ブリッツが一瞬にして普段のライブハウスと何ら変わらない景色に変わった。
ただそれは普段の何倍もの規模で起こっていて、フロアの最前から後方まで全く熱量の変わらない凄まじい光景。


OxAxTは1曲目でいきなりトラブルに見舞われたようだけど、それもバンドの気迫に機材がやられたんだと思う。

しかもそんなトラブルさえ逆手にとってエンターテイメントに変えてしまう辺りにOxAxTの懐の深さを感じる。



半年間に及ぶツアーの締めくくり。
地元横浜の大舞台。

気持ちが高ぶり緊張するには充分過ぎるシチュエーション。

こんな時大抵気持ちが先走り空回ったりするもんだけど、彼等は違ったね。

いつも通りのOVER ARM THROWのライブをやってのけた。

いや、正確に言うなら、いつも以上のライブをいつも通りにやったんだと思う。
コレは本当に凄いコトだよ。

オーディエンスはいつものOxAxTが好きでライブに来ているワケで、そこに色々な想いや状況やタイミングが重なってウソみたいに最高な瞬間が生まれるんだよね。

実際に1階に降りて観ていた時もミンナスゲェ笑顔だったし感動して泣いてるヒトを何人も見た。



Gui&Vo.のキクちゃんはステージを観ても分かるように凄くユーモアのある男。
ホスピタリティーに溢れていて楽屋や打ち上げでもいつも周りを和ませてくれる。かと思えば真面目な話もちゃんと出来て、そんな誠実な一面があるからこそ胸に響く歌が出来るんだろうね。




Ba.のヨウヘイちゃんも凄くちゃんと自分を持っている男だと思う。
ライブのMCでも伝わってくるように熱い男だよね。
ファイナルの日も自分の引き出しにあるモン全部引っ張り出して心からミンナに感謝を伝ようとしてるようだった。




Dr.のエーちゃんは本当優しい男。
温厚でいつもニコニコしてて、ヒトの話も上手に聞く。
きっとそんな性格だからドラムを叩いてる時も常に前の2人の様子に気を配ってるのが分かる。
ステージ袖で観てるとドラムの生音が聴こえて、時々その出音のデカさや迫力に「このドラマー凄いなぁ」って感じるコトがあるんだけどエーちゃんはまさにそうなんだよね。




バンドって時にはハッタリを利かせたり少し背伸びをしたりする時もある。


だけどやっぱりオレは嘘の無いバンドマンが好きで、だからOxAxTが好きなんだと思う。


Songs tour final@横浜Blitz。


あの日の光景はハッタリでも背伸びでもなく紛れも無い真実で、地道な年月を懸け完全に確立された"OVER ARM THROW"という"とっぽい音"にヤラレた夜でした。


あらためて長旅お疲れ様でした!

ユックリ休んでね☆







って明日から九州トライアングル一緒だけどw


NUBOも一緒だしね♪

スゲェ楽しみ!!!









ヨシッ!こんだけ書いておけばOxAxTかNUBOどちらかがリハの順番変わってくれるだろう…。





さーせん!!…今東京出ました!!!


九州のミンナヨロシク♪

ヤッチマオウゼッ!!!!!



D.G.U.J!!

TxCxCx$ カツヲ
[PR]
by YUICHIROtccs | 2012-04-27 00:30 | THE CHERRY COKE$